8月25日(日)サイエンスカフェ@ワークラボ八ヶ岳

サイエンスカフェ(ScienceCafe)とは、街中のカフェなどで飲み物を片手にくつろいだ雰囲気で科学について語り合う場です。

“山と自然”に関する話題を提供し、参加者のみなさまとともに気軽に語り合うイベントで、ワークラボ八ヶ岳でのサイエンスカフェでは、気候変動適応のこと、特にさまざまな方に気候変動の問題を取り上げます。

みなさんは「気候変動影響への適応」や「適応策」という言葉を聞いたことがありますか?
気候変動の影響は、私たちのくらしの様々なところに既に現れています。気温上昇による農作物への影響や、過去の観測を上回るような短時間強雨、台風の大型化などによる自然災害、熱中症搬送者数の増加といった健康への影響などなど。
これまで広く知られてきた「緩和策」と呼ばれる、温室効果ガスの排出量を減らす努力などに加えて、これからの時代は、すでに起こりつつある気候変動の影響への「適応策」を施していくことが重要になってくるのです。

講師:浜田崇(研究所自然環境部温暖化対策班長)
司会:堀田昌伸(研究所自然環境部長)


場所:ワークラボ八ヶ岳 フリーラウンジ
時間:13時から15時
参加費:無料
申込不要
お飲み物をご持参ください。

主催:ワークラボ八ヶ岳

64909172_2635015616529046_8633681363645497344_n.jpg